Central|中部エリア

2020-08-18開催:オンライン無料公開:ユーファイ式セルフケア内「ユーファイとはなんぞや」座学

2020年8月18日(火)午前9時〜10時ごろまで、オンラインにて「ユーファイ式セルフケア」内の「ユーファイとはなんぞや」を無料配信いたします。

zoomにて配信予定です。

【申込・お問い合わせ】

下にあるお問合せフォームより「8月18日無料公開「ユーファイとはなんぞや」参加希望」の旨を記載しメッセージをいただくか、 Facebookイベントページの参加ボタンをおしていただき、当日は指定のURLからzoomミーティングにご参加ください。

ーーー
2020年8月17日月曜日8時半にURL公開予定 
Facebookイベントページを確認ください。
ーーー

※zoomでの登録名が、Facebookの名前と違う場合は、zoomの待機室からミーティングの中に入れない場合がございます。当日、中に入れない場合は、メッセージにてご連絡ください。

同日は、引き続きユーファイ式セルフケアのオンライン講習が開催されています。連続して受講希望の方はこちらをごらんください。

https://www.facebook.com/events/955065198279835

オンライン無料公開講習内容

ユーファイ式セルフケア内ユーファイとはなんぞや
※無料配信

温熱効果とタイハーブをたっぷりと用いたケアは、本来の自分のカラダに戻るために、産後の疲れや老廃物を速やかに排出させる強烈なデトックス作用があります。

日本各地で講習を行った参加者の声では、タイハーブがおなかまわりに強く影響するため、産後だけではなく、女性特有疾患症状の緩和にも効果的と多数いただいています。

「ユーファイ式セルフケア講習」の内容は、実際に産後ケアとしての本場のユーファイを3タイプ体験し、6つのユーファイスクールで学び、実際の伝統医療としてのユーファイ施術病院を3つ見学して得た内容と最新ユーファイ情報を一時間ほどでお話いたします。

→対象
ご自身のケアをお考えの方。
産後ケアだけではなく、女性特有の疾患緩和・タイハーブ・冷えとり・腸活・温熱ケア・伝統医療にご興味のある方ならどなたでも

通常の「ユーファイ式セルフケア」講習は、実技とあわせて12時間かけて行われます。セルフケアと行っても、セラピスト・ボディワーカーの方には、セルフケアの復習を行うことにより、施術道具の使い方をマスターし、自信を持って自分の施術にエッセンスとして取り入れられるヒントもお伝えしています。

タイ伝統医療に基づく女性のためのケアであるユーファイは、タイマッサージがベースとなりますが、オイルマッサージや整体、エステティックにテクニックを取り入れて施術をしている方々もいらっしゃいます。

本拠地信州松本だけではなく、日本全国にいるアドバイザーより実技を受講できますので、ご興味を持たれた方は、下記URLにてお近くのアドバイザーへお問い合わせください。
https://yu-fai.com/school_adviser/

【講師プロフィール】

梶 智穂(カジ チホ)

タイ滞在中に妊娠が発覚。タイの伝統医療に基づく産後ケアである「ユーファイ」の存在を知り、自分のカラダで体験するべくチェンマイで出産。約1ヶ月の集中トリートメントで良さを確信。得た経験と情報を元に「ユーファイ式セルフケア」を考案。ハーブをたっぷり使って得られるデトックス効果、子宮ケア効果の高さから産後はもちろんのこと、すべての世の女性に伝えたくて2013年「ユーファイ協会」を設立。普及のために全国へ出張講習を行い、施術のできるセラピストや伝えることができるアドバイザー・トレーナー育成に力を注いでいる。

夏は海でサーフィン、冬は雪山でスノーボードとボディバランススポーツを楽しむために拠点を移動しつつ、Web制作メインのフリーランスとして活動していたが、2005年にタイ・バンコクのWatPo(ワットポー)本校にてタイマッサージと出逢い、帰国し、有名タイマッサージ店にて経験を積んだ後独立。2006年5月に出張タイマッサージ屋「のんしゃらん」をスタート。週末は、野外フェスティバルの出店を重ね、2011年5月タイ政府認定インストラクターとしてタイマッサージスクールlTM安曇野をパートナーと設立し、2013年にはユーファイ協会としての活動を始める。2019年3月より信州安曇野から信州松本に移動し、東京新宿・名古屋より電車・バスで一本、関西圏(京都、大阪、兵庫)からもバスで一本と通いやすい場所が本拠地となる。2019年5月に一般社団法人ユーファイ協会として法人化。同年6月にユーファイの普及活動を評価され、タイ政府機関の国民の健康を管理するパブリックオブヘルス主催の表彰式「チェンマイ・スパアワード2019」にてタイの伝統的な知恵を活用している団体としてタイ・ウィズダム部門最優秀賞を授与される。日本人で初めての快挙であり、授賞式には在チェンマイ日本駐在大使から激励を受けた。2019年9月より完全予約紹介制のハーブ温熱療法専門サロン「HandW」をスタート。男女問わず、ココロとカラダのゆるみを提供するメニューを提案している。

タイ・バンコクでは Wat Po 本校、Thai Herbal Massage School(前:DOI NUM SUB Training Center), Supin Luechaisit、タイ・チェンマイではITM (International Training Massage), Wandee Ancient Thai Massage School, Ong’s Thai Massage Training,Andrea Private Lesson, RSM (Recreation and Sports Medicine)International School, Spa Mantra, Sunshine Massage School, Loikroh Traditional Thai Massage Yoga, Lanna Thai Massage School, Lar’s Massage Room, Timmy Thai Massage Training Center, Sujitra Visopa School, Thai Traditional Medical Services Society, CCA Massage School, Pichest School, Jid Spa Treatment、Sawat Wanasri (Chiangmai Hospital)にて伝統医療としてのマッサージ・ハーブを学ぶ。日本ではチネイザンの創始者Master Mantak Chia chi nei tsang workshopに参加。チェンマイ大学にて基礎タイ語クラスを受講。基本的なタイ語会話には困らない。春夏秋は日本でユーファイ普及活動、バランス感覚を生かしたテクニック実践講習を行い、冬季はタイ・チェンマイの伝統医療病院や各種スクールにてタイ語と英語を駆使してユーファイ情報収集に励む。

2019年現在、ユーファイ協会主催の講習は、47都道府県中37箇所で行われ、講習回数は300回以上。総受講者数は2,000人を超えている。ユーファイを伝えることができるインストラクターは日本全国に60人以上。認定校は16校。助産院や産婦人科でも、ハーブと温熱効果を活用する女性のためのケアとして、アロマテラピーやリラクゼーションの手法として取り入れられ始めている。

伝統医学応用研究所とコラボレーションし、タイの伝統的なユーファイの手法を所長であるたつのゆりこ氏の助産師・鍼灸師の立場からのアドバイスを融合し、日本で安全に取り入れられる形に再構築活動中。

講習特徴:自分のボディバランス・ウエイトを利用する方法に注目したセラピストのカラダにやさしい講習。
福島県いわき市出身 座右の銘「ノリと勢いで為せば成る成さねばならぬ何事も」

一般社団法人 ユーファイ協会 代表/ NPO法人 タイヒーリング 理事 / タイ・ランナ・スパ協会 所属団体 / 伝統医学応用研究所 研究員

ユーファイ協会の講習やワークショップ情報は、Facebookのイベントページで随時更新されます。日程スケジュールはカレンダーに公開しています。

このページの講習へのお問い合わせ・お申込みフォーム